So-net無料ブログ作成

帝国劇場 [稽古]

 とにかく大きいのです、この劇場は。

 二階の一番後ろの列に座ったら、その高さと急な勾配に目眩がしました。この大きな空間を全ての役者が支配しなくてはならない、という話が稽古前に演出家からありました。
 
 今はスタッフと役者がパラパラとごく一部に座っている客席。これが1900の人で埋め尽くされる事を想像すると、ゾクッとします。

 舞台稽古はゆっくりと進んでいます。一つ一つの細かい直しが、作品をさらに引き立て、奥深いものへと変化させます。役者への指導も続きます。前進し続けています。

 気がつくと、明日に限りなく近い時間になっていて…でも決して明日には持ち越さず…休養も大切だというのが理由、もっともです。

 でも、スタッフの方々の休みは短い。稽古開始前にも終了後にもやることが沢山あって。本当にありがたいです。彼らの支えなしにこの舞台は進行する事はできない!

 今日はロンドンから我が双子の妹姫が到着します。わざわざ私の初日を観に来てくれます。久しぶりに会える、うれしいわ〜。


コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。