So-net無料ブログ作成
検索選択

ニューヨーク日記 Part 1 [生活]

樹々の多いロンドン、掃いても掃いても降り積もる木の葉との格闘が続く毎日です。
ああ焼き芋食べたーい。でもイギリスのサツマイモは焼くと溶けてしまうのよ〜、泣。

9月にはすでに肌寒かったイギリス。その寒さから逃れるように、夫のいるニューヨークに2週間ほど滞在してきました。

この6月、翻訳をしたコンサートを観るために訪れたばかりですが、2泊2日という無謀なスケジュールで、コンサートの関係者との再会を喜ぶうちに時間は過ぎ去り……
その前は何と15年前、『Jane Eyre』のリハーサルをしていた夫と6週間もニューヨークで暮らしましたが、当時は子供たちが小さくて(2歳になったばかりの長男と10ヶ月だった長女)、セントラル・パークに毎日通ったという記憶しかなくて……
さすがに『Jane Eyre』の初日はベビーシッターを頼んで観に行きましたが、他の舞台は何も観ていないと思います。48th Street に住みながら。

というわけで、今回は舞台や美術館を巡る、という確固とした目的をもって向かいました(勿論、夫を訪ねるのが第一の目的ですが、笑)。

エンターテイメント性が強いブロードウェイ、演劇性が強いウェストエンド、と我が頭の中では位置付けられていて、どちらかというとウェストエンド派な私ですが……

やはり凄いです、ブロードウェイ。

6月にトニー賞が発表されて(賞が全てではありませんが、その結果を頼って無理に上演を続ける作品も多々ある)生き残った舞台の上演が続くものの、観劇客が少なくなる夏休みはブロードウェイにとってのオフシーズンです。
そして9月になると、来年のトニー賞を狙う作品が一気に劇場にかかる、まさにそういうエネルギーに満ちた時期に訪れた幸運な私は、今回7つの劇場へ足を運びました(1つは演劇ではありません)。

そして嬉しいことに全て当たり、大当たり。感想はこれから書いていこうと思います。

今回も劇場街のど真ん中、43rdに滞在。空の面積が小さいっ。
IMG_4701.jpeg