So-net無料ブログ作成
検索選択

ホリデー その2 町編 [生活]

 最寄りの町はモンタルチーノ、中世からある古い古い小さな小さな町。童話の絵に出て来るように城壁に囲まれています。
 一日一回は足を運び、大人は広場のカフェでカップチーノを飲みながら新聞を読み、子供たちはジェラートを頬張り、最後にランチやディナーの買い出しを済ませてゆくというパターンでした。

 イタリアのこうした古い町は山の高くて見晴らしの良い場所にあります(敵が攻め込んで来るのが見えるよう、そして攻めにくいように)。着くまではひたすら登りのカーヴを運転し、城壁近辺で駐車をして歩きます。車などない時代に造られた町ですから,道は狭くやはり坂だらけ。小さなお店を覗きながら中央にある広場へ向かいます。

 勿論、広場にあるのは教会です。日曜日の朝の丁度ミサが終わった時間に居合わせたら、ぞろぞろと人が出て来ました。地元の方々が正装をして…まだまだカソリック信仰は根強い国です。

 シエスタと呼ばれる午睡もキチンとあり(都会ではなくなりつつあるとか)、店は13時から16時まではお休み。

 ちなみに郷に入れば郷に従う夫は、昼ご飯を食べ終わると
「シエスタ・タ〜イム!」
と叫んで毎日よく眠っておりました。

 一日、ちょっと足をのばしてシエナにも行きました。ちょうどパレオ(中世から続く地域対抗の馬のレース)が終わった時期だったので、人が多かった…パレオの為に敷き詰めた砂を掃除する車両があったり。

 ランチを食べて帰途に着いたものの、動物の糞を大量に積んだトラックの後ろについてしまって…もうくさいのなんのって。車が違う方向に行くまでは、そのトラックの臭いだとは気付かなかったのですけれど。田舎ならではですね。

 帰ってすぐにプールに飛び込みました! 次回はプール編。


 モンタルチーノの町角。年齢層の高いのはイタリアの田舎も同じ。おばあちゃん達が路地で噂話に花を咲かせています。右下に写る夫、自然に見えますが実は写真の為の計算されたポーズです。
CIMG8830.jpg

坂道。
CIMG8839.jpg

言わずと知れたシエナのカンポ広場。この2日前にパレオが行われたばかりでした。
CIMG9055.jpg


 


コメント(0) 

ホリデー その1 [生活]

 今日も冷え込むロンドンですが、夏もまったく暑くならず(猛暑の続く日本とは正反対)、夏服が必要だったのはほんの2〜3日ほどでした。

 でも!私たちはイタリア〜、トスカーナ〜、にいたのです!!! 何年ぶりの休暇だろう…というくらいホリデーとは無縁の我が家族。子供たちが休みでも夫は仕事ということが多くて。
 日本では普通ですよね、お父さんは休めても3〜4日なんてことは。私が子供時代を振り返っても1〜2泊が普通で、最長の旅行は5泊くらいだった気がします。それでも長い方だったりして…

 でも、こちらの人はホリデーは人生でもっとも大事なこと?です。借金をしてもホリデー、1ヶ月の休暇の為に残りの11ヶ月を頑張っている人達ですから、何年もホリデーに行っていないと言うと驚かれます。

 10年前に結婚式を挙げさせて頂いた場所に2週間滞在してきました。10年前は夫の子供たちと一緒でしたが、今回は自分の子供たちを連れて! いつかは見せたい所でした。

 夫がその家族と出会ったのは、イタリアの小さなヴィレッジの修道院跡で毎年行われるオペラの演出をした時。それ以来、普段はバラバラになっていることの多い自分の子供たちと夏を過ごす場所として、毎年3週間行っていたそうです。
 
 細かく書くと長〜くなってしまうので今回は省略しますが、とにかく彼らは広大な敷地内で、サラブレッドを育てたり、オリーヴ・オイルやブルネッロ・ディ・モンタルチーノという最高級のワインをつくり(そのワインは日本にも輸出されているんですって!)、夏には友人たちにヴィラを貸し、という生活をされています。
 自然と向き合って生活することがいかに豊かかを、この都会育ちの子供たち(って私もそうなのですが)に絶対に見せたいとは予々夫とも話していました。

 広いヴィラなので、私の妹の家族や夫の弟の家族、夫の娘とそのボーイフレンドや夫の姪っ子が入れ替わり立ち替わり訪れて、大変賑やかなホリデーとなりました。

 子供たちが素晴らしい時間を過ごしたのは言うまでもありません。

 滞在したヴィラ。
CIMG8800.jpg

 見渡す限りの自然。月が昇って来ています。
CIMG8804.jpg



 



コメント(0) 

まだ10月ですよ!? [生活]

CIMG9454.jpg
CIMG9456.jpg


 昨晩のこと。子供の就寝後に、近所に住む妹夫婦とブリッジをしていたら、窓を向いて座っていた夫が
「雪がふっているぞ!」
と言い出しました。
「まさかあ,雨が街灯を背景にそう見えるだけでしょう?」
疑う女組。
「見てくる。」
と外に出て行った夫は、確かに雪だと言います。まだ10月よおぉぉぉ。
 ゲームに戻り、しばらくすると義弟が、
「椿の葉っぱに積もっている!」
外をみると、どこから見ても明らかなる雪がしんしんと降りそそいでいます。きれい…

 本日学校は休みです。子供たち、早速つくりましたよ。元気だな…素手だし。
コメント(0)