So-net無料ブログ作成
検索選択

とうとう… [舞台]


 最後の日がやって来ました。

IMG_0638.jpg

 作曲家のクロード・ミッシェル(『パイレーツ・クイーン』の稽古で来日中)、我が夫J、そして日本に遊びに来ている夫の前々妻 Aとの前夜祭。 
というよりは、ここ東京で一緒にいる不思議を噛みしめた、親しい友人たちとのひと時でした。4人とも国籍が違うのですから…

 では行ってきます!


葛西 [生活]


 昨日は帝劇休館日。普段休み無く働いて下さっているスタッフの方々も休みでした。本当にお疲れだと思います、ゆっくりなさったかしら…

 で、偶然にも子供たちも学校が休み(土曜日のイベントの振替で)。どこへ行こうか〜、でも宿題が残っていた〜、などと騒いでいるうちに昼近く。
 全員の意見がまとまることなどあり得ない我が家では、いつも目的地は親(特に父親)の独断で最後は決まり、誰かしらが泣いているという状態で出かけます。ちなみに昨日泣いていたのは末娘のY子でした。

 向かった先は葛西。水族館でもなく、ディズニーランドでは勿論無く(夫はディズニーアレルギー)、鳥類園。

 イギリス人には鳥好きが多いのをご存知でしょうか? 庭先に餌や水を置いて鳥を喚んで窓から眺めるのが日常なら、休日はバードウォッチングをしに自然の多いところへ行く、という感じで。
 だから鳥の餌を横取りするリスなんて目の敵にしていて、日本人が
「わ〜リスだ〜、可愛い〜。」
なんて言おうものなら、奇人変人を見る目で睨まれます。

 海外のどこに行こうとも双眼鏡は必ず持ち、忘れたら現地で買ってバードウォッチングに勤しむ夫に影響され、子供たちも私も鳥を見つけて楽しむ習慣が出来ました。

 という訳で鳥類園。みんなが働いている平日にわざわざ行かなくても空いていそうな鳥類園。

 日が暮れるまで歩き回って走り回って…楽しかった! 子供たちもグッタリ。途中からハッピーになって誰よりもはしゃいだ末娘を駅から家までおぶりました、私。

 私は鷺が好き。今日はコサギとアオサギに出会いました。写真の手前に見えるのがコサギです。

CA3C0130.jpg
見えますか?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。