So-net無料ブログ作成
検索選択

プラチナ! [生活]

イライザが「お土産!」と言って、大きな包みを抱えて来ました。

中身は…



プラチナディスク!!!
ファミリー宛になっています。




おめでとう、そしてありがとう!


Maoko Imai

ケイト [観劇]

Gross Und Klein.jpg

世の中には多くの有名なケイト(ウィンスレット? モス?)がいますが、私にとってのケイトはいつでもブランシェット。

そのケイトがロンドンの舞台に立つと知ったのは、舞台が始まる数日前でした。以前は子育てが忙しかったり、完売だったりで見逃していた彼女の舞台、今度こそはとチケットを取るために急いでパソコンに向かうと、演目のせいでしょうか、まだ席がある!
とは言っても、後ろか前の席のみ。普段は全体を観られる後方を選ぶのですが、自分でも意外なほどのミーハーな心が働いて、可能なかぎり前の席を探してクリックしてしまいました…B列の真ん中…ケイトの表情が見られる距離…

と、ルンルン一人で劇場へ行ってみると、なんとA列は取り払われており、B列は最前列。しかも本当にド真ん中!

暗転からパッと照明がつくと、2メートル前にケイトが座っていた!!!

でも、ミーハーな気持ちはそれまで。あっという間に引き込まれていきました。

ボート・シュトラウスはドイツの劇作家です。70年代から活躍し、その作品は英語にも翻訳されてイギリスでも上演されていたのですが、その後は根付くことが無く、若い世代には馴染みが薄い…私も知りませんでした。
今回の『Big and Small』が書かれたのは78年です。戦後、60年代の闘争を経た”西”ドイツという状況は、壁が崩壊して20年以上が経った今には当てはまらない、でも現代という大きな括りでは何となく共感が持てるかなぁ…

と思いたいのですが、正直言って本がどこまで説得力があるのか分からなかった、それほどまでにケイトの存在が全てのような舞台だったのです。

冒頭の20分間の独白から幕が閉じるまで、ほぼ舞台に出ずっぱりの彼女に釘付け状態。それは、技術をひけらかす演技ではなく、感情を剥き出しにする演技でもない、彼女が感じていることを感じることが出来る演技(勿論、それには技術が必要で、感情を剥き出すこともあるのですが)、わたしが演劇に求めるものそのものでした。

本同様、演出や舞台装置に関しても疑問は残ったのですが、時間が経って振り返ると(好みではなくても)あの無機質な感じは作品に合っていたのかもしれない、と思うような…でも何はともあれケイトの存在でしょう、と結局そこに戻って来てしまうのでした。

彼女が食べ散らかして足元に転がって来たピーナッツ、ピーナッツがあんなに神聖に見えたのは初めて。拾いたい、拾いたい、拾いたい、という気持ちを理性が止めました。つまらない理性を持っています。

Cate-Blanchett-001.jpg
Big-and-Small-008.jpg