So-net無料ブログ作成
検索選択

Daddy Long Legs in London! [生活]

アメリカ、日本で上演された『ダディ・ロング・レッグズ』が、ロンドンにやってきました。アメリカのオリジナルキャストが演じます。セットもアメリカから船で運ばれて来て…

DSC02711.jpg
写真の右側に立っているのが、セットと衣装をデザインしたディヴィッド・ファーリーです。

舞台稽古を前に、我が家で音楽のリハーサル。イギリス人で編成されている新しいバンドの指揮者であるキーボード奏者(日本では林アキラさんでした)が、役者二人とテンポやタイミングを合わせていきます。

DSC02672.jpg

訳詞をするために何度も繰り返し聞いた、あのCDの声!

ジルーシャを演じるメーガンは素晴らしい喉の持ち主。どんな高音もサラリと歌います。外見も中身もキュート、と同時にイタズラっぽさが表情に表れていて…お芝居の部分も楽しみです。

ジャーヴィスを演じるロビーは、心優しい人柄が外見に滲み出た素敵な男性。身長187cm !! ハンサムでスラリとした容姿から生み出される歌には温かさと困惑とが入り交じり、魅力的なジャーヴィス像を描きます。

彼は日本に何度か行ったことがある日本通で、日本語も結構話せます。つい数日前まで日本にいたそうで…カプセルホテルに泊まった話とか(思わず、入りきれた?と聞いてしまいました)、日生で観てきた『ジェーン・エア』の話で盛り上がりました。

そのロビーが、リハーサルの休憩時に『麻緒子さん、あなたに見せたいものがあります。』と言ってきました。そしてスマートフォンをいじった後に出て来たのは…

16650_1287301698495_4748294_n.jpg
何これーーー!!! 2009年に撮ったそうです。今回が初対面だったロビー、私にとっては???謎…でも何だか嬉しいです。