So-net無料ブログ作成
検索選択

『十二夜』 [舞台]

来年(2015年)3月、シェイクスピアの『十二夜』が日生劇場にて上演されます。夫ジョンの演出です。
mainpage.jpg

シェイクスピア。
この名前を聞くと、我々日本人は何だか畏まってしまいがちですが……
かく言う私も、実は苦手だったのです。作品を読み、舞台は数多く観ていましたが、言語の仕組みの違い、西洋式論理、歴史的背景の知識不足、といった理由から、これは私の世界ではない、日本人がやるものではない、と撥ね付けていた時期がありました。

そのような私が英国に住むことに。
シェイクスピアの生地で実感したこと、それはシェイクスピアがイギリス人の一部になってしまっているということです。学校に通う子供たちの国語(英語)教育とは「切っても切れない」関係であり、英文学を開けばギリシャ神話や聖書と並んで数多くの引用がなされ、劇場では常に幾つものプロダクションが上演されていて、それ以外の分野にも大きな影響を与え続けている、それがシェイクスピアなのです。

英語の理解が深まり、英国人、英国の歴史や地理に触れ、そして何よりも自分たちのものとして消化している役者たちがオリジナルの言葉で演じる舞台を観ているうちに、私のシェイクスピアへの頑なな拒絶が和らいでいきました。

でもまだ『シェイクスピアと日本』という点に於いて疑問は残ったままで……

そんな疑問が氷解したのは、2007年にジョンが初めてシェイクスピアを日本人キャストで演出した『夏の夜の夢』の時です。
news067.jpg
photo.JPG
撮影:谷古宇正彦

シェイクスピアが書いたオリジナルの言葉は勿論美しいけれど、内容そのものが世界共通なのだからと、他言語での上演にも抵抗が無いジョン。一つ一つの台詞の意味を掘り下げ、必要なときは翻訳を修正していくのを間近で見ていました。それを役者に伝えて出来あがった作品は、堅苦しいものでも理解不能なものでもない、ただ心から共感し楽しめる時空間だったのです。私はスウェーデンで同じプロダクションを観ていますが、言語の違いを越えて、それは同じことを伝えていました。

そしてもう一つ、黒澤明の『蜘蛛巣城』との出会いからも大きな影響を受けました。見事なアダプテーション、数多く映像化されているシェイクスピアですが、私はこれが最高傑作だと思っています。シェイクスピアの普遍性を証明していました。

『十二夜』は人間の素晴らしさ、面白さ、残酷さ、悲しさ、愚かさ……多くの要素が絡み合った作品です。複雑なジェンダーが愛を一筋縄ではいかないものとし、友情でさえ精神的主従関係によって生半可なものではなくなる。そんな世界の現実を写しとっています。

今回私は演出家アシスタントとして参加させて頂くことになりました。
現在猛勉強中ですが、及第となるまでには時間がかかりそう。けれども、シェイクスピアを楽しめる今の私にとっては素晴らしい時間となっています。

I Won't Let You Down [鑑賞]

いつも遊び心溢れるPVを作るOK Go。最新のPV "I Won't Let You Down" はMade in Japanです。あまりの素晴らしさにリピートしまくり。まだ観ていない方、ぜひご覧ください。本当に "won't let you down"(がっかりさせないよ)"。
HONDAの開発したUNI-CUBも初めて知りました、楽しそう。




トースト論争 [生活]

夫Jのトーストへのこだわりは、多くの人に強い印象を与えたようです。
しかし、このトーストを巡って我が妹S子(夫とは犬猿の仲?)との間に大論争が起きたことが……

S子の息子が我が家にお泊まりした時には、翌朝迎えに来がてらS子も一緒に朝食を食べることがあります。そんな朝のこと。

トースト食べようかなぁ……とダイヤルが最大になっているのも知らずにパンを焼き、出来上がった真っ黒なトーストを目の前に茫然とするS子。
「こうすれば良いんだ」と、ナイフで焦げた部分をこそぎ落とす夫Jに向かって、
「ダイヤルは次の人のために戻しておくべきでしょう? 第一ナイフでこそぎ落とす間に冷めちゃうっ!」と叫ぶS子。
「なにぃっ?! トーストっていうのは冷まして食べるものだろう。」
「はあ? 冷めたらバターが溶けなくなるっ、溶けなきゃ美味しくない。」
「バターを溶かす? 何を言っているんだ、それじゃあテクスチャーが台無しじゃないか。」
「バターの風味は温めてこそ、にあるんです。」
見るも無惨なトーストを夫の手から奪い返し、文句を言いながら食べるS子なのでした。

この二人、多くの点で意見が合わないことが多く、よく言い争い?をします。

でも、そんなS子から夫Jへの今年の誕生日プレゼントは……
image.jpg
トーストラック! これで、冷ます時にテーブルの上でトーストのバランスを取る必要がなくなりました。

愛を感じますね。

またまた誕生日! [生活]

昨日は夫Jと息子Yの合同バースデーパーティー。現在、初のフィーチャーフィルムを監督中で不在のジョンの息子B(アメリカに居住)の誕生日も一緒に祝いました。
PicFrame.jpg

パーティーの最後に誰かが例のテレビ番組を観たいと言い出して……自分の姿は観たくありませんが、再現ドラマには興味があって……とにかく、皆で大笑いしながら鑑賞しました。

再現ドラマ、色々とフィクションの部分があったようです。面白可笑しくするためなのでしょうけれど……
まずは、私はブレイクするしないを悩んだことはありませんし、逆に事務所に所属しないまま好きな舞台の仕事を続けられたことを幸運だと感じていました。
『レミ』のオーディションでダンスのウォーミングアップをする人はいません。ダンス審査、ありません。
『レミ』の稽古で緊張してガチガチになっていた、とは言いましたが、身体は固くないし〜(笑)。
初デートでダメ出しされるなんて考えていませんでしたよ、勿論。緊張もしませんでした。インタビューで「初めてオーディションで会った時のJの印象は?」と聞かれて、「とにかく他人を緊張させない人」と言ったくらいですから。
そして信じた方はいらっしゃらないと思いますが、変装した夫Jが予告なしに日本に来たことはありません。
言ったことがそのままの形にならないのなら、なぜ再現ドラマ?とは思うのですが、それがバラエティー番組なのかもしれませんね。

実生活部分は、自分たちを客観的に見る照れと面白さがあって、私自身も結果的に楽しみました。
ただ、今現在している仕事が紹介されなかったのは残念。主婦の部分を強調する番組なので仕方ないのかな。ジョンの書斎は映っているのに、私の仕事部屋はカットされていました……

ここ数年は、ストレートプレイの翻訳、ミュージカルの翻訳・訳詞をしています。そして、その繋がりで昨年は本の翻訳もさせて頂きました。
あしながおじさん.jpg

これはチャリティー本です。著者ジーン・ウェブスターの出身大学であるヴァッサー大学と「あしなが育英会」の企画で、ピアソン・ジャパン社から出版されました。利益は「あしなが育英会」へと寄付され、世界中の教育を受けられない子供たちのために使われることになっています。ご興味のある方は、ぜひお手に取ってみてください。

29th Birthday! [観劇]

公演終了後にはトリコロールの紙吹雪が舞いました。
image.jpg

image.jpg

色々 [生活]

昨日、取材を受けたTV番組が放映されました。恥ずかしくて誰にも言っていなかったのですが、思いがけないほど多くの友人が観ていて、感想を言ってくださったり、懐かしい方々から連絡を頂戴したり。心が温まりました、ありがとうございます。
実は私はまだ番組を観ていません、ロンドンに住んでいますから!そして観る勇気が無いのです……

さて、今日は突然思い立って妹とThe Courtauld Galleryに行ってきました。
IMG_2884.jpeg
前回訪れたのはいつのことか、夫Jと我が父、そして我々三姉妹というメンバーだったと思います。だとすると、きっと十数年前のことです。
ここのギャラリーの常設は小さいながらも充実していて本当に素敵。小さいながらも、と言いましたが、その小ささが私の好みでもあります。好きな絵の前で第三世界へと誘われるかと思えば……妹と一緒になって、七福神のような天使、肥満気味の中年男性にしか見えない生まれたてのキリストに笑ったり(失礼!)……その人物の内面が滲み出てくるような肖像画や、ハッとする様な色彩の配列に思わず足を止めたり。思い立って行ったのは大正解でした。
今月末からは、大好きなエゴン・シーレの展示が始まるらしい……次は十数年待たずに行くことになりそうです。

その後はラーメン。
妹は大のラーメン・ファンですが、私は年に1回食べれば十分、くらいのファンです(ファンと言えるのかな?)でもたまに無性に食べたくなるのです。昨日、我が家に滞在中の友人Nが「ラーメン食べてきた〜」と言って見せてくれた写真が頭から離れず……
IMG_2886.jpeg
同じ店に行ってきました。お腹いっぱい〜。

そして今夜は『レ・ミゼラブル』の29周年記念公演を観に行ってきます!